カテゴリー
Uncategorized

しかし2022年初頭にサッカーバブルが崩壊

冬の移籍市場では香川真司をベシクタシュへレンタルし、クリスチャン・元からマリノスは、川崎や名古屋と比べると、攻撃(ボール保有)権の移動が多いチームであり、にもかかわらず支配率が高い。一方で、そもそも被ゴール期待値が低い1,2位は川崎と名古屋だが、どちらもコンパクトネスは低い。 1ポジション2人のコンセプトにおいて、予備の選手はいるが、新競技において、ゲームを決めるラストリゾート(切り札)が無い。

リフレッシュ以上の期待を持つ選手、それは観客も、仲川が疲労で仕方なく交代するとして「正直、厳しくなるな」と感じる様な選手では駄目だということ。 また同様に、エースと言われた小林悠も、全27試合中、先発が13、更に14試合が45分以下の出場にとどまっている。 なので、単純に、上がれば良い、高ければ良い、という数値ではない。先発は11、フル出場、それに準ずる85分以上出場は僅か5試合であり、旧世代の人物が多いであろう選考において、MVPに選ばれなかったのは理解ができる。

コロンビア代表ユニフォーム 2022 激安 | J League Shop ハイテンポで攻撃権が行き交うのは良いとして、今季は敵の方が回数が多く、その結果、被シュートも1試合平均で2.1本も増加している。 RCランス ユニフォーム 2022 激安 | J League Shop その結果、彼のコンディションはすごくいいと思うので、ここからの後半戦に向けて重要な戦力だと思います」と証言する。 その結果、敵に撃たれるシュート数がシーズンで71.4本増えた。 つまり、前項のコンパクトネス低下から、より空間がある状態で攻撃を受け、更にボールが持てない結果、より悪いシュートを、より多く打たれたのだから、失点も増えると言える。少なくともロスト数は今と変わらずに(これ以上は悪くならずに)、なおかつ自陣ロストによる、悪い状態で攻撃を受ける事が減るのは間違いない。

下位チームとの試合では得点を決めているので、今後上位のバイエルン、好調のRBライプツィヒ相手に対しての結果が求められそうです。 サンチェスの獲得へ向けてクラブ間で基本合意に至ったようだ。 この期待値からの損得幅は21になり、セレッソがシーズン37失点で堅守と言われ、マリノスは22多い59失点で守備崩壊と言われる、状態となっている。 チームが獲得又は、受けたシュート機会において、AIによって統計的な積み重ねを分析した、『J1で標準的な能力の選手がシュートを打ったら何点決まるか』という数値。

マリノスに十分な戦力はあるが、それはあくまでも旧競技の水準。 だが、両チームともマリノスとは異なるコンセプトであり、ハイプレスはかなりするけどラインはそれほど上がっていない(川崎)、撤退時に横に大きく広がるので数値が低くなる(名古屋)など、この2チームは、そもそもコンパクトネスと守備力との関連性が薄いと言える。現状の不安としては、超過密日程などをエクスキューズ(言い訳)に出来るマリノス側の低下ではなく、対策という枠を越えて、ポステコグルー監督に時代が追いついた、もっと言えば優位性を失った可能性がデータからは伺える。 そして、このタスクが与えられる選手はパートタイムで運用するからこそ、過密日程でも30試合以上で使えるとも言え、チーム数も増える2021シーズンでは、レギュラー選手と同じく、トータルで1800分以上はプレーすることになるだろう。

一方でマリノスは2018、2019、2020を比べると、関連性が強い傾向が見え、低下はイコール、悪化と捉えてよいだろう。今季の傾向は前年よりも、56失点した2018シーズンに近く、マリノス単体で見たとしてもコンパクトネスの低下に関連性を感じざるを得ない。日頃の行いとか、人間性とか、かなり影響すると思うんですよね。日本のサッカーが世界で勝つためには、組織力を強みにしていく必要があると思います。一方で、必要な戦力は存在する。 チームが低迷をすれば、過度な選手補強を求める声が高まるが、今のマリノスには十分な戦力があり、問題はフレームに存在する過剰というタコツボと矛盾、そして統計的には効果的ではない適切な戦力運用の修正ではないだろうか。

2020シーズンに分かった事として、給水タイム採用による4ピリオド(4分割)化、そして5人交代制度はサッカーという競技を、別の新競技に変えた。福岡は京都に競り勝ち、清水は名古屋を破って最下位を脱した。 セレッソは交代選手も使いながら名古屋の守備ブロックを崩そうとしましたが、名古屋の3センターバック+GKランゲラックの壁を崩せず。

新外国人選手の合流めども立っていない。一方で、好調な川崎の中には僅か1ゴールだったアタッカーもいるようだが、両選手、三笘薫は13ゴール12アシスト、小林悠は14ゴール4アシストと、正に新競技に対応した活躍を見せた。前項で示したように、2020シーズンはより監督の意向が反映され、走力及び敵陣ゴールで近い位置でのプレー時間が増えた為、最終ラインはより高く、そして敵陣でボールホルダーに対してのプレス(距離を詰めるダッシュ)が増えている傾向が出ている。

マリノスにおいて、顕著な傾向が出ているのが、コンパクトネス、最終ラインの高さ、ハイプレスである。 また被シュート成功率は約3%も悪化しており、10.2%→13.0%、より悪い状況で敵の攻撃が始まり、最終的に悪い状況のシュートを受けているのも、被ゴール期待値と合わせて伺える。 スーパーなタレントが居ないJリーグであれば、一撃で裏を取られずに安全な位置に立って、例え一旦DFラインの前にパスが通っても、遅らせられるので2列目のプレスバックで十分、という割り切ったチームが成功している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です