<サガン鳥栖応援メッセージ>総力戦!みんなの力合わせて! 10日、ホームで柏レイソル戦

この年の特徴として、前半戦はホームでしか勝てない『内弁慶』と化していた。 4月を1分3敗で終え、5月も1勝4敗、しかも6失点試合込みで負けが続き、気づけば降格圏争いの15位に達していた。 ACLこそはならなかったが、J1初昇格チームとしての歴代最高順位を記録した。 インザーギ 歴代の背番号を調査!今年最後の九州ダービー、J1を賭けた大一番なだけに、観客は鳥栖スタジアム過去最高の22,532人がスタジアムに集まった。後半戦、第22節の清水エスパルス戦で遂にホーム初黒星を喫すも、第24節までは名門の鹿島アントラーズやガンバ大阪、前年J1優勝の柏レイソルを相手に勝利するなど、一時5位まで躍動する活躍を見せた。 また、高橋義希がベガルタ仙台から完全移籍、水沼宏太も横浜F・

当時清武弘嗣、扇原貴宏、山口蛍のU-23三羽烏を率いていたセレッソ大阪と対戦し、激しい攻防の中、0-0のスコアレスドローでJ1初戦を終えた。 マリノス戦で水沼宏太が古巣相手にゴールを決め、1-0で念願のJ1初勝利を手にした。結果、このまま引き分け、サガン鳥栖は勝点69、札幌がFC東京に勝利したため勝点68と、勝点1差で2位となり、創設15年目、Jリーグ参戦13年目で初めてのJ1昇格を決め、J2オリジナル10チームで唯一J1行きの切符を手にしていなかった鳥栖がその切符を手に入れた。 マリノス戦では0-2で敗れた。それでも、リーグ戦で低迷していたチームが一丸となって戦った天皇杯は、見事にベスト4まで進み、2013年を締めくくった。 この年の天皇杯はすさまじい激闘を繰り広げ、5年ぶりの準々決勝進出となった12月22日のベアスタ・

なお、この年にアビスパ福岡がJ2へ降格した事から、翌シーズンから九州のクラブで唯一J1でプレイするクラブとなった(なお、2013年に後を追って大分トリニータが昇格)。 <Q1(1点) なでしこジャパン>○○ジャパンの先駆けで、04年に名称決定。 マリノスとの直接対決では中村俊輔の直接FKにやられ、0-1で敗戦、この結果、J1元年となる2012年シーズンは5位で終了。 また、前年から所属していた播戸竜二と金井貢史がぞれぞれ完全移籍し、さらにサンフレッチェ広島から岡本知剛が期限付き移籍し2年ぶりに鳥栖に復帰した。放出は船谷圭祐が水戸ホーリーホックへ、野田隆之介が名古屋グランパスへ、室拓哉が大分トリニータへ、木谷公亮がFC岐阜へ完全移籍、末吉隼也とジョナサンが大分トリニータへ、岡田翔平が湘南ベルマーレへ期限付き移籍をした。

大学からは特別指定選手に指定されていた清武功暉、岸田翔平、坂井達弥をそれぞれ獲得し、久々に高校生ルーキーとして平秀斗を獲得した。新加入として、特別指定選手だった岡田翔平、黒木晃平・戦力維持としては、移籍濃厚と噂されていた豊田陽平を完全移籍で獲得、岡本知剛のレンタル期限を1年延長して残留、2011年のベストメンバーがほぼ残留という形で残った。日本サッカーの生みの親と言える中村覚之助。主力は豊田陽平、藤田直之を始め、2012年シーズンを戦った多くのプレーヤーが残留した。 また個人としては豊田陽平が19点で得点ランキング2位の快挙を達成。

代わりに指名されたのが、コーチの吉田恵。監督交代の先に…第33節に浦和レッズを3-1で下し、勝利を収めて一時は3位に。 セレッソ大阪戦以降3連勝を挙げ、ホーム最終戦の浦和レッズ戦は4-1で4連勝でホーム最終戦の有終の美を飾る。 ホーム最終節、浦和レッズに先制されるも、その後を左右した同点弾で引分け、アウエー最終節、鹿島アントラーズを1-0で下し、4位に終わった・ その後も星を落とすが、勝利数が多かったため、勝点の積み上がり方が非常に効率よく、9月以降は勝点19を積み上げた。

結果、順位は12位まで上げた。特に、4月5月が好調で、この2ヶ月間に勝点を19積み上げ、一気に首位に躍り出て、ワールドカップ中断前の試合を消化。全てはこの45分の為に135分間を耐え忍んできたかのように、アトレティコの逆襲が始まった。 FCポルト ユニフォーム 2022 激安 | J League Shop アトランタ ユニフォーム 2022 激安 | J League Shop ジュビロ磐田)の期限付きからの完全移籍、清水エスパルスから吉田豊、ジュビロ磐田から白星東、京都サンガF.C.から田村亮介(期限付き)の獲得を発表した。清水エスパルスが1月11日、2022シーズンに着用する1st、2nd、3rd、ゴールキーパーのユニフォームデザインを発表した。攻撃陣では8月にはゴールキーパーの相次ぐ故障により、特別強化指定選手の藤嶋栄介だけになったGK陣に清水エスパルスから林彰洋を獲得する。更に、年が明けた1月8日には他チームにおいてGKの玉突き移籍が相次いでいた中での林彰洋の完全移籍も発表され、鳥栖サポーターを安堵させた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です